食事について
人間が生きていく上でもっとも基本となるのが食事と睡眠です。
このふたつがきちんととれているかどうかは子どもたちの成長にとってとても重要なことですが、心に不安を抱えていたり悩み事があったりするとあまり食事が摂れなかったり、なかなか眠れなかったりすることもあります。
生野学園では寮生活の中で「子どもたちがしっかりと食事ができて、充分な睡眠がとれているのか?もしそれができていないのならいったい何が原因で、どうしたら改善していけるのか?」そういったことを常に意識し、子どもたち、保護者の皆さんとともに考え、子どもたちの成長をこの基盤の部分から支えていきたいと思っています。
この意味で食堂と食堂スタッフの役割はとても重要であり、生野学園では開学当初よりここに力を入れてきました。
美味しくバランスのとれた食事を提供することはもちろんですが、それだけではなく子どもたちが落ち着いて食事ができるような明るくゆったりとした食堂の環境作りや、地域の食材や季節の食材の導入など食生活のトータルな改善に取り組んでいます。また食事を通して健康を気づかい、一人ひとりに声をかけたりすることなど、子どもたちとのふれあいを大切にしています。