川﨑佑子
今,どうしていますか?
結婚をしてもうすぐ9年です。小学校2年生と3才の一男一女の母親業の毎日です。「宿題やりなさい。」「片づけなさい。」しっかり聞き流してくれる子供たちですが、一緒にいれる”今”を大事に過ごしています。幸せです。
あなたにとって生野学園とは?
卒業して15年以上経ちますが、今でもふと、学園生活を思い出すこともあります。年月こそ経過していますが、親しみ深い、つながりの深い場所であると思っています。もう何年も学園へ足を運んでいませんが、いつ行ってもあたたかく迎えてくれるだろうと、確信のある場所です。
生野学園に入学しようとする人へのアドバイスは?
良くも悪くも「自由」です。この「自由」を扱うのは、実はものすごく難しい事だと在籍中は感じていました。
生野学園では、通常の教育のように、評価され評価による順位が生じることもありません。競争心をかき立てるような場面もありません。だからこそ、自分の持つ力を、望む形で発揮できる環境なのだと思っています。
まずは声を上げてみてください。
受け入れ、見守り、寄り添い、支えてくれるスタッフが必ずいます。全てはあなた次第ですが、様々な事が実現できるはずです!