劇的な三年間
女子 母 (高星会ニュースより)
 自己中心的な考え方で子供の「ものさし」を無視し、自分の尺度を押し付けて「こうあるべき」を強要し、子供の事を考えている振りをして自己満足の為に「貴女の事を思って」を大前提に、押し付けがましく、当て付けるように、これ程してやっているのだからと傲慢な態度で私の思う様な答えを出せと迫り、応えてくれない、動いてくれないと怒りを爆発させる。
 入学当初の私はまるで未開のジャングル状態!不登校の「不」の字も、そこに至った子供の心の「一欠片」も理解しようとしない、謂わば「超」の付く身勝手な親。(3年通ってやっと途上の域に入ったか?とは思っているが…まだまだ…)
 そんな私にとって親会、かたつむりの会は「癒しと軌道修正の為にある」と言っても良い存在になった。
 しかし、今だから言えるのだが、当初は参加することがとても苦痛だった。
 私がこれまでして来た事が「負」の作用に拍車を掛けていた事や、自己満足の為に子供の心を無視して、子供をひとりの人として見ていない事実を指摘されて呆然絶句。
 それは私の考え方、生き方をも否定されたと思える程ショックな事で、何て強烈な「会」なんだと、 ここは少しの「建て前」も存在しないのかと思った程だった。
 でも今は、出会えた事に、自分を見つめ直す機会を与えて貰えた事に感謝をしている。
 同じ物を見ても、見る位置、捉え方次第で丸にも三角にも見え、硬くも、柔らかくも感じるものだと気付かせてもらえた。
 一方的なアクションばかりでは通じない事、相手の言葉やそれに込められた気持ちを理解する事、理解しあう為に自身の飾らない本音を本気で晒しあう事。
 その為には自分の弱い部分を相手に見せてしまう事も必要で、何より互いに信頼し信頼される関係を築く事が大切だと教えてもらった。
 まだまだ親子共々途上の状態だと思っているが、この3年間で私は娘に「お母さんの事大好きやで」と言って貰える様になった事を心から嬉しく思い、心から学園・スタッフ・親会・かたつむりの会に感謝です。