前田翔太郎
今,どうしていますか?
卒業後情報系の専門学校へ進学。2020年4月より営業職として勤めています。
あなたにとって生野学園とは?
小さい小さい社会だと思っています。
少し人に気を使うことを覚えるとどんどん友達の輪が広がっていく。当たり前のことですが、コミュニケーションをとる上で重要なことをゆっくりと時間をかけて、何度失敗しても許してくれる優しい環境で学ぶことができました。今後長い人生を歩いていく上で、国語や数学なんかより大切なこと、人として必要なことをのんびり休憩しながら学ぶ3年間を過ごすことができたと思います。
生野学園に入学しようとする人へのアドバイスは?
ずっと付き合える友達が見つかると思います。
卒業から3年過ぎた今でも一緒に遊びに出かける先輩がいたり、同級生の友人と遊びに出かけたり、学生時代はアルバイト先を紹介して一緒に働いたり、後輩の集まりに呼んでもらって嬉しかったりします。他の学校と違い交流の密度が高く、ここでできた友人はきっと一生の財産になります。全員と仲良くなるのは難しいかもしれませんが、1人2人自然体で付き合える友人ができれば学校生活はもちろん、私生活にも張り合いが出てきますし新しいことを始めるきっかけにもなります。
もし入学が決まった際はあくまで自分が楽なように、頑張りすぎないように頑張って楽しんでみましょう。